自由に生きればきっと人生輝いていく!

She loves Live FREELY

サーフィンデートの日

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

先日サーフィンに行きました

 

サーフィンデート

 

彼がサーフィンを始めたのですが、「一緒にやってみたいね」と前々から話していたのです。

とはいえ彼はまだサーフスクールの生徒なので、「僕はもうサーフィンを理解したから、僕が教えてあげる!」と言われても、最初はビビっていた私ですが。

 

「じゃあ、海について行ってビーチから見てる」からの、ついたらついたでテンションが上がり、「私もやる!」となりました。

 

そして私もとっても楽しんだ…っていうオチです。

 

彼は人に教える喜びが好き

 

実は、私は、今日来る前に、こんなことを決めて出てきました。

「今日は彼の記念すべき初指導の日!(人に教えるのが好き)なので、なんでも最後まで話を聞いてあげよう。(いつもは話が長いので途中で聞いてない)」

 

 

そして、彼は海を前にして、それはそれは熱心に指導してくれました。

あーちゃらこうちゃら、ダンダンダン、ぴょん!、あーちゃらこうちゃら、(あまり頭に入っていないが)

 

私がストレッチを始めると、話が止まります。

「ちゃんと話だけに集中して聞いてほしい」とのこと。

失礼しました。

 

そして、あーちゃらこうちゃら、なんたらかんたら。

 

うん。

どうやら、乗りたい波が来たらパドリングして飛び乗るらしい。

 

「他の人との距離はどのくらい開けるべきなの?(マナー的な)」

「それはわからない!」とのこと。

 

うん!

 

 

そしていよいよ進水式(笑)

人が多かったのと、けっこう波が高くて、皆さんが波待ちしているゾーンまでいけず、浅いところでボディボードみたいに遊びました。

サーフィンっていうか・・・ボディサーフィン?

すごく楽しかった!!!!!

 

そして、昔一緒にボディボードした時から思ってたけど、彼がいつも0.1秒波に乗り遅れてしまっているなぁと感じるのは、彼が頭で考えすぎているからなのか、私が感性すぎるからなのか・・・。謎です。

 

一生懸命やっているところが、いいな〜と思ったし、とにかく「自分が先輩」という意識が高いからか、なんでもすごくエスコートしてくれて、すごい!!!優しかった。

そして、満面の笑みで「僕の教え方上手かった!?✨」と聞いてくるので、いやいや0.1秒さぁ〜と言いたいのをぐっと飲み込み、「とても上手かった。」と言いました。そう、シンプルでいいんです。

 

すごい!ボードを2つとも運んでいます。

そして、やはり落としかける。

危ない!と怒りそうになるのを抑えて、「すごい!ありがとうね!」

そう、シンプルでいいんです。

だって今日は、繰り返しますが、彼の記念すべき初指導の日…(笑)

こういう遊び方、楽しいね

 

産後7ヶ月たち、体も生活も少しずつ落ち着いてきたので、できることが広がってきたな〜〜〜

 

久しぶりの子供無しのデートでした。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© She loves Live FREELY , 2021 All Rights Reserved.