知れば知るほど☆心も体も自由になれる

ひろみ式キレイのルール6つ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
『骨盤メイクのインストラクター』 お家でできる自分の骨盤ケアとして「骨盤メイク」を考案、レクチャーしている。1日5分でできる体のラインが変わる骨盤体操としてファンが多い。世の中から、辛いダイエットや無理な食事制限をなくして幸せな女性を増やすために活動中。

こんにちは。ひろみです。

前回はカロリーや食事制限の話をしました^^
では「カロリーを意識しなくても良いならば、一体何を頑張れば良いのか」
そんなテーマで今日は書いていきます。

カロリー制限についてのおさらい

前回の記事のまとめですが、
カロリーはその人、その人の適した量があるため、
制限したからといって痩せるわけではありません。

炭水化物も同じで、炭水化物をガムシャラに抜いたからといって痩せるわけではありません。

ただ、こういった食事制限のダイエットは【最初の半年は効果が出る】という性質から、短期的な効果を期待して始める人がとても多い現状です。

食事制限を繰り返しながら半年たった頃には、【少し食べると太ってしまう体質】が完成している頃。
代謝は落ちて疲れやすく痩せにくい…。お腹や脚だけは痩せないし、くびれもない…。肌には潤いがない。オーラも色気もない…。そんな状況を自ら招くのは絶対にやめましょう。

 

ひろみ式キレイのルール

私はひろみ式メソッドというのを教えています。自分が勉強して実践して効果があって、人にもオススメしたい方法を分かりやすくメソッド化してまとめて伝えているのです。

メソッドを作り始めた当時のキャッチフレーズは「いっぱい食べても太らない」です。

 

キレイの定義は世の中に沢山あるかと思いますが、ひろみ式でのキレイの定義は【巡る体】かどうかです。

間違っても体重や体脂肪とにらめっこするような方法ではありません。

自分の見た目がいつも自己ベストの状態で、そして中身も健康的に巡っている。
この2つが揃うから、【魅力的でキレイなキラキラしたオーラ】が放たれるのだと思います。

それでは、この【巡る体】の条件とは何なのか?
あなたは何個クリアしていますか?
各項目に分けて見ていきましょう。

 

その1: 食べた分だけトイレで出る

よくアメブロにも書いている内容なのですが、
自分のトイレの回数(大の話です)を意識していますか?

沢山食べたはずなのに、その分しっかり翌日までに出ていなかったら要注意。
体が詰まっている証拠です。

ひろみ式で大切にしているのは、2~3日に1回は出しましょう、というような【頻度の提案】ではありません。
普通の食事量の時は普通の量、でも沢山食べた時は沢山の量、が出ているか?というオリジナルのチェックです。

これは、【食べた分ちゃんと消化できるスペックがあなたにはあるのか?】という問いでもあります。

この消化スペックを強化することによって、【太りにくい人】【痩せやすい体質】への大きな第一歩となるのです。

 

その2: 呼吸を大きく長くできる

呼吸が止まると心臓が止まります。心臓は体への血液を巡らせる大切な役割をしていますので、呼吸も体の様々な機能を巡らせるために大変重要な役割があります。

その役割の1つに、自律神経があります。呼吸の量やペースは自律神経と直結して関係しています。
自律神経が司る性質である、体温調整が下手、気持ちにムラがある、満腹中枢がおかしい、などの悩みはこの自律神経を良くする…すなわち呼吸を良くすると、解決して快適になるかもしれません。

満腹中枢が乱れたり、お腹が空いたとか空いていないという信号が的確じゃないと、必要でないものを勘違いして欲して食べてしまい、それが発端でますます感覚が乱れる、という悪循環に入ります。

そうなると、【巡る体】キレイな自分とは程遠い状態になってしまいますから…。お気をつけください。

こんな状況を回避するためにも、おすすめなのは呼吸法です。呼吸法とはヨガなどで出てくるので聞いたことがある方もいるかもしれません。日常の呼吸と、「呼吸法」と呼ばれるものは全く違います。

深呼吸などの比ではない「呼吸法」を何パターンか別記事で紹介したいと思いますので、ぜひマスターして【太らない女子】になってください。

 

3: 体の力をスッと抜くことができる

体にコリはありますか?
肩コリや首コリ、腰痛などはありますか?

それらのコリは体を硬直させる性質をもっています。
なので、ほっておくとさらに体が硬くなってきてしまうので、きちんとケアしたいところです。

【コリがなくて、体の力を自分の意思でスッと抜くことができる。】これが理想の状態です。

まんべんなく体の力を抜くことができると、緊張によって詰まっていたところが巡るようになり、体全身に血液やエネルギーが巡り渡るようになります。

今、寝ていても座っていてもいいので、スッとまんべんなく力を抜くことができますか?
そもそも力の抜き方を知っていますか?
肩や腰、こめかみや目の奥の方までふんわりと、自分の意思で緩めることができますか?

これができるかできないかで、体の巡り度合いも変わってきます。
できない人は、できる人に比べると太りやすい、ということでもあります。

ヨガのシャバーサナというポーズが力を抜く練習におすすめなので、試してみてください♪

 

その4: 睡眠が深い

睡眠は時間よりも質が大切です。
寝る前に、スマホをいじったり、照明が明るいまましばらく過ごしていないでしょうか?

このようにして睡眠の質が低くなると、体の代謝は落ちて疲れやすく、巡らない体になっていきます。

先の項目で出てきましたが、トイレの量や、呼吸の深さ、そして体の力が抜けるかどうかも、この睡眠の質が悪いとできるものもできなくなってしまうケースがあります。

【体の巡り】に大切な【リセット】の時間だからです。
体はいつも巡り良くいるために、もちろんお休みする時間も大切です。そのお休みする時間である睡眠タイムの質が悪いと、体としてはゆっくり休めなかったまま、仕方なしに日中働き始めるので、気乗りせずに巡りが悪くなるのです。

そうなると、【食べたら太る人】へ一直線です。

昼寝でも週末だけでもいいので、【寝るための時間】をもっと大切に考えて、スマホは置いて、食後少し時間を空けて、快適な環境でゆっくり休んでくださいね。

 

5: 骨の位置がそれぞれ良い位置にある

これは私の1番の得意分野ですが、骨がきちんと正しい場所にあることは大切です。

骨盤が歪んでる、とかO脚、X脚、ネコ背、そり腰。
様々なお悩みは直りますから、ケアすることをオススメします。

そして、最も大切なのは、ケアした後にまた元に戻らないように、日頃の立ち姿勢と座り姿勢をキレイにしておくことです。

頑張ってキレイな姿勢を作ろうとして、背中をそらしすぎるのはNGです。
程よい、まっすぐな位置というのがあるのです。

これは少し勉強して習得してほしいテーマですが、勉強しても損はないと思いますので、また今後の記事を読みながら、マスターしていってほしいなと思います。

まずは、足を左右それぞれ組んでみましょう。どちらかだけやりづらかったら、早速どこかの骨の位置がずれているようですよ(;_;)
骨の位置が良い位置にいないと、他の項目がクリアできても巡る体にあともう一歩足りませんので、ご注意ください。

 

6: オーガズムになれる

【キレイのルール】、最後の1つにこんなテーマを持ってきました。
オーガズムになれる人、これは紛れもなく【巡るからだの持ち主】です。

もっと細かくいうと、外的刺激ではなく内的刺激によって、一瞬ではなくある程度継続した時間オーガズムになれる人です。

あまり突っ込んだ話はまたの機会にしますが、女性の機能の1つであるオーガズムはこれまでに述べた項目を満たすほど、なりやすいのです。
逆にいうと、オーガズムになれない人は、日頃から体に便秘だったり、そのせいで冷えがあったり、コリがあったり、骨格が歪んでいたり、呼吸が浅かったりします。

それらを1つずつ改善していくうちに、太らない体質にもなれて、オーガズムも楽しめるなんて、女性としてこんなに嬉しいことはないと、私は思います。

オーガズムは、ストレスを吹き飛ばし、女性ホルモンを活性化させ、日常でも顔つきや振る舞いに素敵な女性らしさをもたらしますよ。

 

まとめ

体が巡っている人…それは、トイレもしっかり出て、呼吸も深い、体の力をスッと自分で抜くことができて、睡眠もたまには丁寧にとる、骨格もキレイで、オーガズムになれる。そして普段は好きなものをいっぱい食べて、キラキラ笑う。…と。

こんな女性が、ひろみ式の定義するキレイな巡る女性です。
なんだかそういう人は、キラキラしたオーラをまとっていると思いませんか?

そんな人は、体が巡っているから好きなものを食べても太りにくく、カロリーも体重も気にせずに、自由で幸せな人生を過ごしているのです。

あなたは何個当てはまったでしょうか?

 

また次回の更新もお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
『骨盤メイクのインストラクター』 お家でできる自分の骨盤ケアとして「骨盤メイク」を考案、レクチャーしている。1日5分でできる体のラインが変わる骨盤体操としてファンが多い。世の中から、辛いダイエットや無理な食事制限をなくして幸せな女性を増やすために活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ひろみ式骨盤スクール , 2018 All Rights Reserved.