骨盤メイク

こんにちは^^
骨盤メイクの山口紘実です。

『骨盤メイクってなに?』というご質問をいただき、
骨盤メイクの説明を書きます^^

 

 

ひろみ式骨盤メイクとは?

わたくし山口紘実のつくったプログラムです。
1日5分程度の体操で、体型がぐんぐん変わっていくお家エクササイズプログラムです。

 

“骨盤メイク”という名前の由来

ある日お客さんから言われた一言がきっかけでした。
「先生!骨盤メイキング?骨盤メイク?でしたっけ?あれ、すごいです!」

私がレッスン中によく言う口癖がありました。
「骨盤をゆるめて整えて再構築、、つまり新しくメイキングするんですよ!」と。

それが、”骨盤メイク”をいうキーワードに結びついたようです。

「ひろみ式」ってつけておきなよ!とお友達に言われて、
「ひろみ式骨盤メイク」と表記するようになりました。

『骨盤メイク』って馴染みが良い言葉なので、そういう体操方法がそもそもあるような感じがしますよね(笑)

でも、ためしにネット検索してみてください。
アツギ様のパンスト商品(こちらは無関係)か、
私のエクササイズ情報しか出てこないはずです。

 

ヨガとは違うの?

私が過去にヨガ講師をしていたこともあって、
「ヨガみたいな感じですか?」という質問も多いのですが、
ヨガとは全く別物です。

“ひろみ式骨盤メイク”は、
私のオリジナルの5分間の毎日同じ動きを繰り返し続ける体操プログラムです。

 

 

骨盤メイクの内容は?

では、骨盤メイクの実際の内容はといえば、
5種類の動きを1日1回、週3以上続ける、という大変シンプルなものです。

「お家でできる1日5分のメソッド」として考案しております。

5種類の動きの内容は、
1.股関節をゆるめる動きを左右5回行う
2.腰まわりをゆるめる動きを左右1回行う
3.下半身全体をゆるめる動きを左右5回行う
4.骨盤を整える動きを3回行う
5.インナーマッスルを力をつけるための呼吸法を3回行う

です。

この5種類の動きを順番に行うと、たった5分程度でできる動きなのに、
体に負担なく骨盤を中心に体があなたの自己ベストのサイズに向かって整っていくプログラムです。

 

身体への効果は?

ひろみ式骨盤メイクの5種類の動きを1日1回行うと、
どんな効果があるのでしょうか?項目に分けて説明します。

 

■腰痛や肩こり解消

まず、その日の歪みがその日のうちに自分で簡単に解消できるようになります。
慢性的な肩こりや腰痛にも効果がある、とお声をいただきます。
…腰痛や肩こりがあると眠りが浅く寝苦しくなりませんか?
腰痛や肩こりを解消することで、寝つきがよく、睡眠が安定して深くなります。
私は体が緊張して睡眠が浅い時期があり、とてもストレスを感じていたので、
睡眠の質向上は、個人的には(我ながら)とても嬉しい効果でした。

そして、腰痛や肩こりをケアできるだけではなく、その後もコリ症状が出づらい、とても良い状態になっていきます。
その理由は姿勢改善です。

 

■姿勢の改善

1日5分のひろみ式骨盤メイク体操を週に3日くらい継続して続けていくと、
あれよあれよと、日に日に美しい姿勢になっていくようにプログラムしています。

その仕組みは、1回体操を行うごとに、
ジョイント(関節)角度を上手に正しい方向に変化させることができるので、
気づけば勝手に骨盤がまっすぐ立つようになり、
姿勢がピンとならざるを得ないのです。

さらに、その姿勢でいようとする骨の力を上手く借りて、
体の軸(=体幹、体の軸、インナー、腹筋など)を筋トレいらずでコツコツ確実に作っていくことができます。

 

■痩せる、太らない

この姿勢を身に着けて、なるべくこの姿勢で過ごすことは、
毎日のホットヨガや有酸素運動くらいの効果があると思っています。
本当に正しい姿勢で立つ、歩くことは間違いなく全身運動だからです。

また、骨盤を中心に骨の位置が整うと、
骨盤の中に入っている臓器(胃や消化器官や生殖器官)が心地よくなり、
やる気をだす(機能が向上する)と考えています。

それに伴い、むくまなくなったり、便が大量に出るようになったり、生理不順が落ち着いたり、
胃の不快感が取れたり、というお声もいただきます。

骨を整える、姿勢が良くなる、必要な力がつく、そして体の機能が良くなる、
これはすなわち、”巡るからだ”でもあります。

見た目も自分の体感も、とても心地よく快適で、
美しい魅力的な体です。

 

 

美しい元気な体に必要不可欠な”引き上げ力”

美しい体、元気な体に、絶対に必要なものがあります。
それは、引き上げる力です。
具体的には、【丹田】【骨盤底筋】【体幹】【体の軸】【インナー】【腹筋】あたりのことです。

私は、それを”筋肉”とか単純なものではなく、
もうひとひねりした、”引き上げる力”と考えています。

引き上げる力は、筋トレしていても、なかなか身に付きません。

ちょっと考えてみてください。
ムキムキの筋肉がある男性でも、片足立ちなどのバランスポーズが苦手な人っていませんか?
バランスポーズで必要なのって、筋肉(コアマッスル)じゃなくて、”引き上げる力”なのです。

 

 

引き上げ力がつくと、痩せていく

これは、私が実際に体感したことです。

“引き上げる力”がつくと、痩せます。そして、その後も太りません。
また、この理論で骨盤メイクを指導して、同じように奇跡の体型を何人も創出しました。

理由は、引き上げ力がつくと、最小限の力で立つ歩くの動作ができるようになるからです。
そうなると、普段使いすぎていた間違った筋力が落ち、どんどん体の重心が中心になり、体のサイズが小さく華奢になっていくのです。

間違った筋力というのは、太ももの前側やふくらはぎ、腰、肩、首、つま先などです。

足がむくんだり、冷える人、下半身の方が太い人、要注意です。

なんで痩せないんだろう?と思っている人のほとんどは、引き上げ力がないことが原因だと思います。

そして、本当は必要ないのに、一生懸命、違う筋肉を使って日常生活を送っていたのではないでしょうか?(昔の私のように)

引き上げ力がない状態で、運動しても食事制限しても、変わらないと思います。
運動も食事制限も趣味ならいいですが、スタイルアップのためなら、
遠回りどころかあんまり意味がない時間になってしまうかもしれません。

 

 

ひろみ式引き上げ力のつけ方

ひろみ式骨盤メイクの体操の中に、
唯一入っている、しいていえばトレーニングっぽい動きは(他もあまりに簡単なので)

最後の5番目の呼吸法です。

しかも3回です。

1日3呼吸で、体がぐんぐん変わる引き上げ力がつきます。

たった3呼吸………

それもそのはず、この呼吸法は2014年に「ひろみ式呼吸法」として雑誌や新聞でも取り上げられた呼吸法なのです。

ぐっと骨盤底筋や丹田、コアを刺激するので、体操の仕上げにスペシャルな呼吸として組み込みました。

 

私も、お腹たるんできたかな?と思ったらこの3呼吸だけはやります。
3呼吸でOKです。

 

 

 

この体操をつくった想い

 

最後に、この体操を作った経緯と思いを書こうと思います。

私は15才の時にストレスから拒食症になり、その後はずっと過食衝動やダイエットの繰り返しで、
22才でひとつのきっかけがあるまでは、7年間ずっと、細い体に対しての執着心が病的でした。

運動や食事制限やエステや加圧トレーニング、ありとあらゆることをしました。
特に食事をするのが怖く、あまりに体のことや食事のことで頭がいっぱいで、
精神的にもとても不安定で心も体も本当に不健康でした。

22才で訪れたひとつのきっかけというのは、
“そんなに努力していなさそうなのに細い人が存在する”と気づいたことです。

当時の私はといえば、それはそれは、努力に関しては敵なしといったところでした。
でも、あんなに激しく食事管理や運動をしていたのに、痩せなかった。

そして、カフェで隣の席でもぐもぐ美味しそうに食事をする女性は、とても美しい体をしていました。

「私もいっぱい食べたい…。っていうか、こんなに体や食のことで頭いっぱいじゃなくて、幸せになりたい。」
変わりたい、と本当に思いました。

その頃には、私は人の体を見ただけで、骨付きや肉付きや姿勢、どこに力みが入っているか、体内の巡りがいいかどうかなど、
動きの機敏さや鈍さ、顔色を含めて観察することで、なんとなく分かるようになっていました。

空間認識のパズルや立体図形の問題などが子供の頃から好きだったので、
そんな感覚で、街やカフェやジムで、人の体つきと運動量や食事量、姿勢などチェックするようになったのです。

結果、なんとなくつながってきた答えは、
『食べる量や運動量と、体型に関係性はない。それより姿勢と体内循環のほうが体型と関係がありそう。』
ということでした。

あれ…?ってことは、いっぱい食べて、しかも運動なしで、美しさって、手に入るんじゃない?

そんな気持ちで、自分の体で実験することにしました。

何かに強い興味をもったせいか、自分の体調もどんどん良くなっていきました。

もうその頃には、自分の体型はどうでもよくなっていて、
ただ、何をしたら体にどんな変化が起きるか、それだけに夢中でした。

骨格の知識や、呼吸や、整体や、リンパや、ヨガや、丹田、空手、合気道、
ヒントになりそうなものを探し求めて、インドやタイにも行きました。

海外の先生に、慣れない英語で問い合わせをして、
動画を送ってくれないか交渉してUSBで送ってもらったり、

気づいたことを、すでに著名な先生方にお願いして見てもらってレビューを聞いたり、

その頃にはスタジオでヨガやストレッチのレッスンを受け持つようになっていました。

でも、なんだか、あまり手ごたえを感じられないまま毎日が過ぎました。

何か違う。何か違う。

すごくじれったい気持ちになり、

“どこかにこもってもう一度、今まで勉強した内容を振り返ってみよう。”

そんなことを思いました。

そしたら、ぴったりの条件で住み込みで働ける仕事の話がきたのです。

トータルで半年ほど、私は友達にも会わず(笑)
勉強してきた体についての知識と、それを自分の体で実験してきた効果を並べていきました。

そうしたら、ひとつの仮説ができました。

「あれ?なんとなくストレッチやヨガをするんじゃなくて、意図をもってピンポイントで関節を動かせば、体って自分で組み立て直せるんじゃない?」
と。

私が欲しかった体は、もっと華奢な細いラインの体でした。
全身を鏡で見つめて、体の中で一番幅をとっているのは、骨盤まわりだなと思いました。

まずは骨盤まわりのサイズを小さくしてみよう。

そんなことを思い、関節の動かし方を研究しながら自分でいくつかラインナップした体操をこなしました。
そしたら、あれよあれよと腰回りの肉がなくなっていったのです。

体がだんだん柔軟にもなってき、冷えやむくみが減ったのも感じました。

足のでっぱていた骨がしゅっとへっこんだのも感じました。

「効果がありすぎて怖い…」
最初はそんなことも感じました(笑)

でも、仮説だった考えが、日に日に確信に変わり、
“東京戻ってみんなに教えてあげなきゃ!”
となぜかそんなことを思いました。

2016年、100名モニターさんに体操を行ってもらい、
体型が変わったり腰痛がなくなったり、О脚が直ったり、効果がでました。

1番嬉しかったのは、とても短期間で体が変わった人が多かったことです。

そして、当初7つの動きで構成していた体操ですが、5つの動きに改善し、

冒頭の
「先生!骨盤メイキング?骨盤メイク?でしたっけ?あれ、すごいです!」
発言から、現在のひろみ式骨盤メイク完成に至ります。

元はといえば、自分の「いっぱい食べたい、でもキレイな体型でいたい。」という欲張りを叶えるために勉強して作った体操ですが、
情熱も青春も時間も、今までの私の人生の大半を注ぎました(笑)

昔の私は、体型にも心にもコンプレックスばかりで、
人生を自分らしく楽しむことを、すごく遠慮していました。

体型がただ細くいることじゃなくって、
自分の体を好きかどうかって、
特に女性には、本当に重要なことだと思うのです。

自分の体に自信を持って、自分の体を大切にして、
安心して幸せにストレスなく毎日を過ごして欲しいです。

また、今がどんな体型でも、必ず理由があることを知ってください。

醜い贅肉じゃなくて、冷えから守るためについていること。
たるんだお尻のお肉じゃなくて、あなたの姿勢が悪いから、隙間を埋めるためについていること。

それを正しく認識せずに、太った、老けたと誤解して、
無理な食事制限をしたり無理な運動をしたりして、
自分をいじめないでください。

美しさは、整えればやってきます。
正しい骨盤と正しい姿勢が身につけば、
太りようがないのです。

それが、
~いっぱい食べても太らない、1日5分の骨盤革命~
というキャッチフレーズに込められた私の想いです。

ひろみ式骨盤メイク

レッスン詳細はこちら!

メルマガ登録はこちら!
お得な情報やミニレッスン動画が届きます☆

関連記事

  1. インブルーム株式会社様に呼んでいただきました^^

  2. 2018メルマガはじまりました☆

  3. 体が整うと心が整う不思議

  4. 骨盤メイクのレッスンでやること

  5. 心のカロリー消費ってなに?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。